夏こそ保湿!スキンケアで「夏のお疲れ肌」にさようなら

強烈な日差しと暑さ、冷房による冷えなど、夏の肌はダメージを受けがちです。夏のダメージをそのまま放っておくと、乾燥やシミ、たるみなどを招いてしまいます。肌にとって過酷なこの時期は、日焼け止めや保湿化粧水などでしっかりとケアして乗り切りましょう。

夏の肌は疲れている!?

夏の肌は疲れている!?

気温の上昇とともに日差しが強くなる7~8月は、紫外線量がピークを迎える時期です。紫外線によって肌内部の水分が奪われると、肌は乾燥してハリや弾力、透明感を失ってしまいます。

また、肌の水分を守ろうと皮脂の分泌量が増加するため、肌のテカリ、ベタつき、毛穴の開き、化粧崩れ、ニキビといった悩みも発生しやすくなります。さらに、室内冷房の影響により、肌表面の保湿機能も低下することから、夏の肌は思っている以上に負担がかかっているのです。

夏であっても保湿は必要ですので、乾燥しやすい敏感肌の方は特に注意しましょう。

肌に疲れを与える主な原因

夏の肌が疲れやすい主な原因は、下記の三つです。

ug_circle 紫外線

紫外線は、波長の長さによってA波(UVA)・B波(UVB)・C波(UVC)の三種類あります。肌に届く紫外線はA波(UVA)・B波(UVB)の二種類で、それぞれ肌に与える影響が異なります。真皮まで届くA波(UVA)は、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させるため、しわ・たるみの原因になる紫外線です。エネルギーが強いB波(UVB)は、主に表皮にダメージを与えるため、肌の炎症、シミ・そばかすの原因になります。

ug_circle 汗や皮脂

夏は汗とともに皮脂の分泌量も多くなります。しかし、皮脂は汗のように蒸発せず、肌表面に残ってテカリやベタつきを引き起こすのが問題です。ファンデーションをはじめ化粧品は、油分によって落ちる性質のものが多いため、汗や皮脂により化粧が崩れやすくなります。開いた毛穴にファンデーションや日焼け止めなどの成分が入り込むと、毛穴を目立たせるだけでなく、ニキビの原因にもなります。

ug_circle 冷房

外の暑さとは一変して、オフィスやデパート、電車など冷房の効いた場所は多々あります。冷房の効いた空間は涼しくて過ごしやすいのですが、空気中の水分量が減って湿度は低下しがちです。このような乾燥した空間では、肌の潤いが必要以上に奪われないよう、皮脂を過剰に分泌してしまいます。肌表面はしっとりしているけれど、肌内部は水分不足という“インナードライ肌”は、夏に起こりやすいトラブルの一つです。

美肌を守るスキンケアで夏を乗り切ろう!

夏の疲れを秋・冬に持ち越さないためには、日頃のスキンケアが重要です。

ug_circle UVケアは徹底的に

屋外で過ごす機会が増える夏は、紫外線からしっかりと肌を守りましょう。外出時は、顔だけでなく体にも日焼け止めをくまなく塗り、日傘や帽子などでUV対策をすることが大切です。紫外線は、ガラスやカーテンを透過する性質があるため、日焼け止めは毎日塗る、こまめに塗り直す習慣をつけておきましょう。また、オーガニック植物成分など、使用する日焼け止めの成分にも注目して選ぶことをおすすめします。

ug_circle 丁寧な洗顔でしっかり落とす

肌が揺らぎやすい夏こそ、丁寧な洗顔を欠かさずに行いましょう。汗や皮脂、日焼け止めなどの汚れが毛穴に入り込みやすい夏の肌は、洗顔でしっかり汚れを落とすことが大切です。ただし、肌に負担がかかる洗顔はNGです。必要以上に何度も洗顔したり、ゴシゴシと擦ったりするような洗顔は、肌を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。洗顔時は、たっぷりの泡で優しく包みこむように洗うのがポイントです。

ug_circle 外出先でもこまめな保湿を

美肌を守るスキンケアで夏を乗り切ろう!

日差しが強い夏は、外出先でもこまめに保湿をするようにしましょう。長時間太陽の下にいる、あるいは冷房の効いた空間にいるだけで、肌内部の水分が奪われるため、乾燥してきたなと思ったらすぐに保湿することが大切です。

外出先でも手軽に使えるミストタイプの美容液があれば、顔にシュッと吹きかけるだけで肌に潤いをプラスできます。

ug_circle スキンケアのポイント

夏は冬ほど乾燥を感じないため、保湿ケアが疎かになりがちです。しかし、夏の肌は乾燥しやすい環境に置かれるうえ、汗で水分を失う季節ですから、スキンケアでしっかりと保湿する必要があります。保湿化粧水の成分を上手く取り入れるためにも、肌にムラなく化粧水を浸透させるコットンを使用しましょう。

コットンは、肌に優しいオーガニックがおすすめです。また、うっかり日焼けをした場合は、保湿化粧水やフェイスマスクなど外側からのケアに加え、内側からのケアも必要です。肌の土台をつくるタンパク質は肉や魚類、大豆類などに豊富で、ターンオーバーを促すビタミンB群や亜鉛は、豚肉、乳製品、卵などに豊富に含まれます。

保湿化粧水(オーガニック植物エキス配合)をご提供する【SECOND SEASON】

会社名 株式会社 your 2.0
住所 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目6−7 青山パラシオタワー11F
電話番号 03-3220-7780
FAX番号 03-5778-5215
メールアドレス contact@secondseason.jp
事業内容 化粧品・健康食品の企画・販売・輸出
取扱商品 化粧品及び健康食品その他
取引銀行 三井住友銀行
URL http://secondseason.jp/