シート状フェイスマスクの正しい使い方

スキンケアの際、シート状のフェイスマスクを利用してフェイシャルパックをする方が増えています。手軽にスペシャルケアができるということで人気ですが、正しい使い方をしてこそ確かな手応えが感じられるもの。使用法を間違えると肌に負担になることもあるので、正しく使ってスキンケアに役立てましょう。

使用する前に

シート状フェイスマスクは、洗顔後の清潔な肌に使用しましょう。肌の状態によっては、そのまま直接シートを置いても問題ありません。
過剰にケアする必要はありませんが、乾燥が気になる時はローション(化粧水)で肌を整えてからマスクを使うのが良いでしょう。

使用する際のポイント

マスクをていねいに広げ、保護シートがあれば外します。目の位置に合わせて顔にのせ、鼻・口を合わせたら、指先で軽くおさえるようにし、顔全体にフィットさせます。この時、肌に密着させることがポイントです。15~20分ほどしたらマスクを外します。肌に残った美容液は、優しく顔全体になじませ、首やデコルテまわりにものばしてケアしましょう。マスク使用後は、肌の状況に合わせて保湿クリームなどで整えて下さい。

シート状フェイスマスクには、適正な使用時間というものがあります。たっぷり美容液が含まれているマスクでも時間と共に蒸発し乾燥するため、長時間放置していると肌にある潤い成分が乾燥したシートに奪われてしまいます。マスクを使用する際は、適正な使用時間を守りましょう。

スペシャルケアとして

高濃度に配合された美容成分を一気に肌に与えることができるシート状フェイスマスク。大切な日の前日にスペシャルケアとしてお使いいただくのはもちろん、肌ダメージが気になる時、紫外線の強い季節など、レスキューの意味で毎晩のお手入れにプラスするのもおすすめです。自分の肌のコンディションに合わせて使いましょう。

シート状フェイスマスクは、週に1~2回コンスタントに使うのもおすすめです。定期的に使用することで、安定した肌へと導きます。

エイジングケアを全身トータルでプロデュースする、SECOND SEASON(セカンドシーズン)のバイオセルロースエッセンスマスクは、フラーレン・サラブレッドプラセンタ・レスベラトロールのトリプル処方で、蓄積されたダメージを一掃します。ピッタリ張りついて剥がれない、液ダレしないバイオセルロースマスクは、有効成分を肌に無駄なく吸収させる次世代マスク。ふっくら弾むようなハリのあるクリアな肌へと導いてくれます。
オーガニックプラスのエッセンス(美容液)やローション(化粧水)とご一緒に、スペシャルスキンケアとしてご利用下さい。公式通販サイトからもお求めいただけます。