エイジングサインの一つ「黄ぐすみ」

「ツヤがほしい」「透明感がない」など、肌の印象が気になっていませんか?年齢を重ねるとともに肌の色が黄色っぽく見えてきた場合、エイジングサインの一つ“黄ぐすみ”かもしれません。

黄ぐすみとは?

黄色がかった肌のくすみを「黄ぐすみ」と呼びます。ツヤのある澄んだ肌とは違い、重くどんよりとした印象があるため、顔の黄ぐすみは老け顔に見られやすいのが特徴です。今まで通りのメイクをしているのに、ファンデーションが浮いて見える、チークやアイシャドウの発色が悪く感じるなど、どこか冴えない感じがしてきたら「黄ぐすみ」が進行している可能性があります。エイジングケアを始めて透明感のある瑞々しい肌を保つようにしましょう。

くすみの原因

くすみの原因

一般的にくすみとは、肌が透明感・ツヤ・明るさを失い、顔全体または一部分だけが暗く見える肌状態のことです。主な原因は、肌の乾燥やターンオーバーの遅れで古い角質が残る、血行不良で青暗く見える、日焼けによるメラニンの蓄積で茶色っぽく見えるなどが挙げられます。

また、乾燥によるくすみは肌のキメが乱れて凹凸ができ、それが影をつくって肌を暗く見せていることがあります。そのため、時間帯や季節によってくすみが目立ちやすくなる人もいらっしゃいます。

黄ぐすみの原因とメカニズム

黄ぐすみの原因は血行不良や日焼けによるメラニンの蓄積に加え、真皮が黄色化する糖化とカルボニル化が考えられます。

ug_circle 糖化とは

タンパク質が血液中の糖分と結合して変性し、糖化が引き起こされます。変性した真皮のタンパク質(コラーゲン・エラスチン)に体温が加わることで糖化の原因物質がつくられ、それが徐々に蓄積して肌が黄色くなっていく現象です。パンをトースターで焼いていると、熱でだんだん黄色くなっていくイメージに近いものがあります。コラーゲンやエラスチンは肌の真皮に存在するタンパク質ですから、糖化現象が起こるとターンオーバーが乱れ、バリア機能の低下とともに肌の乾燥まで起こすと言われています。

ug_circle カルボニル化とは

タンパク質が脂質の分解物と結合することによって、黄色くくすんだ色に変化します。具体的には、紫外線を浴び過ぎた肌の表面で皮脂が酸化した結果、過酸化脂質がつくられて肌を黄色くくすませます。紫外線の他にも、喫煙や食事などの生活習慣によるもの、ストレスが原因となる活性酸素の生成など、カルボニル化の原因は普段の生活に関係のあるものばかりです。

黄ぐすみの予防方法

黄ぐすみの予防方法

一度でも真皮のコラーゲンとエラスチンが黄色化すると、もう元には戻りません。だからこそ、黄ぐすみをつくる原因を予防することが大切です。

ug_circle 食生活の改善

酸化しやすい油の使用を控え、以下のような「抗酸化力のある栄養成分」を含む食材を積極的に摂取しましょう。

  • ・ポリフェノール(カテキン、アントシアニン)
  • ・ビタミン(ACE)
  • ・カロテノイド
  • ・カテキン
  • ・リコピン

ポリフェノールは大豆やチョコレート、ビタミン類はアセロラやレモン、アーモンドなどに多く含まれます。カロテノイドは人参を代表とする緑黄色野菜から、カテキンは緑茶や煎茶、ほうじ茶などから摂取できます。また、ザクロは抗糖化作用も抗酸化作用もあるため、積極的に取り入れたいおすすめ食材です。ジュースにすると美味しくいただけます。反対に過剰なアルコール摂取は糖化を招く原因になりますので、控えるようにしましょう。今は何ともなくても、5年、10年後に効くかもしれません。

ug_circle 十分な保湿と紫外線対策

エイジングケアの基本となる保湿と紫外線対策で、黄ぐすみをつくる原因を予防できます。特に、乾燥は肌に負担をかけてしまいますので、化粧水や美容液で十分な保湿を行いましょう。外出する際は日焼け止めを塗り、汗で流れ落ちるようでしたらこまめに塗り直して下さい。紫外線を浴び過ぎた肌のケアには、柔軟性を持たせるセラミドやプラセンタエキス配合の美容液が役立ちます。化粧水や美容液を使った丁寧なエイジングケアは、その先も透明感のある若々しい肌を維持することにもつながります。

エイジングケアの美容液を取り扱う【SECOND SEASON】

会社名 株式会社 your 2.0
住所 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目6−7 青山パラシオタワー11F
電話番号 03-3220-7780
FAX番号 03-5778-5215
メールアドレス contact@secondseason.jp
事業内容 化粧品・健康食品の企画・販売・輸出
取扱商品 化粧品及び健康食品その他
取引銀行 三井住友銀行
URL http://secondseason.jp/